松蔭会名誉会長故原田實様(令和3年3月ご逝去)の供養祭がありました

令和3年9月23日(お彼岸の日)に大慈寺で故原田實様の供養祭が開催されました。

供養祭は、宮原晴朗さん(昭和36年卒)と牧原敏美さん(昭和41年卒)が発起人となり、関係者に呼びかけられたものです。

当日は、松蔭会関係・志布志高校・御家族親戚の約40名が出席され、大慈寺の石田住職からお経をあげていただき供養が行われました。

原田名誉会長は、いつもお元気で、志布志高校100周年事業等でご尽力されたお姿が思い出され、故人を偲ぶ会となりました。

ご冥福をお祈りし、ここに報告させていただきます。

なお、帰省の皆様・松蔭会関係の皆様におかれましては、希望される方は、いつでも大慈寺にお位牌もあり、ご焼香ができますので、ぜひお寺にお声かけください。


※ご不明な点等につきましては、下記にご連絡ください。

発起人 宮原晴朗 ☎ 090-3669-5213

発起人 牧原敏美 ☎ 080-5804-1723

松蔭会 樺山弘昭 ☎ 090-4482-5349

内村浩美氏OB講演会開催

令和3年11月22日に、志布志高校松蔭会OB講演会が開催され、生徒・松蔭会関係者の合計約350人が受講しました。

今回の講師は、昭和54年第31回卒業の内村浩美氏で、先生は、愛媛大学紙産業イノベーションセンターセンター長(社会共創学部栄誉教授農学博士)であります。

講演会のテーマは、「お札の技術と新たな紙製品開発の可能性」と題して、お札や紙製品、紙の可能性等について、実際のお札製造の過程や紙のクイズや実験をしながらの大変興味深い内容となり、参加した生徒たちからは、驚きと大きな歓声もでていました。講演のまとめでは、志布志高校時代の経験・体験が将来の大きなチャレンジ精神の基礎となり、大学以降の研究開発の前向きな姿勢につながったと話されました。最後に、人は皆いろいろなことができる可能性を秘めており、目標に向けて可能性へチャレンジしてほしいとのエールをいただきました。

多用な中、貴重な講演ありがとうございました。




訃報のお知らせ

松蔭会名誉会長の一木弘文様(84歳)が、令和3年11月8日にご逝去されました。

これまでのご尽力に感謝申し上げ ご冥福をお祈りいたします。

なお、発起人会による「お別れの会」が12月に計画されております。

詳細が決定しましたら、本ホームページでお知らせいたします。

志布志高校松蔭会OB講演会について

志布志高校松蔭会では、OB講演会を開催します。

日時:令和3年11月22日(月)13時~15時5分

場所:志布志高校体育館

講師:内村浩美氏(本校昭和54年卒)愛媛大学教授

対象:生徒・松蔭会関係者

希望される方は、ぜひ参加ください。

詳しくは、別紙詳細を確認ください。

別紙:志布志高校松蔭会OB講演会について

松陰会だより(令和3年8月号)を発行しました

松陰会だより(令和3年8月号)を発行しました。
ホームページ(同窓会だより)にも掲載しましたのでご覧ください。
なお、松陰会だよりは、有料(年2回発行2千円)で自宅へお届けします。
購読を希望される方は、ホームページのお問合せ・お申込にて手続きをお願いします。

松陰会だより(令和3年8月号)はこちら